Event is FINISHED

【SUSONO・トークイベント】第一回 SUSONOユース(仮)

Description

==========================
◆SUSONOとは

佐々木俊尚「21世紀の教養を身につける議論型コミュニティLIFE MAKERS」と、松浦弥太郎「くらしのきほん」×「灯台もと暮らし」×「箱庭」のメディア集合体「スチーヴ」が一つとなってできたコミュニティです。

SUSONOはこれからの心地よい暮らしや社会についてともに考え、暮らしをもっと楽しむために、毎月「住む」、「食べる」、「装う」、「働く」…など暮らしにまつわるさまざまなテーマで活動しています。SUSONOについての詳しいご紹介は、こちらをご覧ください!

==========================

3月25日(日)に運営チームの鳥井弘文によって発足した新プロジェクト、SUSONOユース(仮)の一回目のイベント企画を開催いたします。


<鳥井からのメッセージ>


こんにちは。SUSONO運営チームの鳥井弘文です。

SUSONOの若手メンバーを中心に、SUSONOユース(仮)というイベント企画をこれから定期的に開催していきたいと考えています。

企画趣旨など、詳しい動機については下記のブログ記事を読んでいただけると嬉しいです。



第1回目の今回は、「装う」というテーマに基づいて、生産者視点から「EVERY DENIM」というデニムブランドを展開する山脇さんと、消費者目線やライフスタイルの実践者として株式会社dripの堀口さんと平岡さんをお招きして、今の若い世代が考える「装う」についてトークセッション形式で考えていきたいと思っています。

また、「SUSONOユース(仮)という企画を今後どのような形で展開していくのか?」僕らの想いを伝えるとともに、みなさんと一緒にどんな空間にしていくことがふさわしいのかについても、合わせてディスカッションしていきたいと考えています。

もちろん、本イベントはどなたでもご参加いただけます。今の若い世代が何を考えているのか気になるという方は年齢問わずぜひご参加ください!世代を超えた交流の場がこの空間から生まれてくることを願っています。

---

■ゲスト

山脇 耀平(写真左)

1992年生。大学在学中の2014年、実の弟とともに「EVERY DENIM」を立ち上げ。オリジナルデニムの販売やスタディツアーを中心に、生産者と消費者がともに幸せになる持続可能なものづくりのあり方を模索している。繊維産地の課題解決に特化した人材育成学校「産地の学校」運営。今春より「Be inspired!」で連載開始。


平岡 雄太(写真真ん中)

大阪出身の1990年生まれ。大阪大学法学部卒業後、Yahoo! JAPANに入社し広告業界で働く傍ら、自身でファッションブログ「DRESS CODE.」を開設。現在は月間40万PVに至る。

2017年にYahoo! JAPAN同期の堀口と一緒に株式会社ドリップを設立。個人の”好きを価値に変える”社会を実現する方法を日々模索中。


堀口 英剛(写真右)

1990年生まれ。月間40万人の男子が読んでいるモノメディア「monograph」の運営者。こだわりのあるモノを毎日丁寧に執筆中。Yahoo! JAPAN在籍時には複業の事例として複数の出版社から取材を受ける。独立して以降は株式会社drip 代表取締役社長へ。カフェ好きで年間300軒以上のお店を巡っている。


■日時
3月25日(日)17:00~20:00(受付:16:30~)

■場所
RIDE MEDIA&DESIGN ㈱
〒153-0061 東京都目黒区中目黒1-3-3アーバンリゾート代官山 7F

■定員
18名
Sun Mar 25, 2018
5:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
RIDE MEDIA&DESIGN ㈱
Tickets
ビジター SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
東京都目黒区中目黒1-3-3アーバンリゾート代官山 7F Japan
Organizer
箱庭編集部
1,905 Followers